自世界を変えるAct.

自分は”どうしたら変れる”のだろうか

あなたが変われば世界は簡単に変わる

世界はあなたの手のひらの中にある。

良くするも悪くするも全てあなた次第です。

 

f:id:snosk815:20170516171902j:plain

 

「世の中そんな甘くねえよ」

「自分じゃ何もできない」

 

って考えてる方 「正解」です。

 

世界はあなただけのもの

 

勘違いしないでください。

大きなものを劇的に変化させるためには

それを簡単に動かすほどの衝撃が必要です。

 

大きな岩は動かせないけど石ころなら動かせる原理と同じです。

”全体の” 世界を変えることは私でもあなたでも 「できません」。

※ここではみんなのいう”世界” を ”全体の世界”と言い換えます

 

ですがあなたが見ている世界は ”あなたの世界” です。

一人一人、様々な世界があるからこそ ”全体の世界” があります。

 

だから ”全体の世界” は変えられなくても

”あなたの世界” はいくらでも変えることができます。

そしてそれは ”あなただけの世界” です。

 

”全体の世界”と”自分の世界”

”直接変えられるかどうか” の違いです。

 

”全体の世界” といのは自分以外の ”世界” のことです。

例えば

あなたが悩んでいる友達の相談に乗ってあげたとします。

あなたはちゃんと向き合って

「いいアドバイスしてもらった」

「こいつに相談してよかった」

って思ってもらいたいですよね?

 

ですがそれを ”直接的” に相手に思わせることはできません。

それは ”あなたの世界” の外のこと ”全体の世界の一部” なので直接そうはできないものなのです。

 

”全体の世界” を直接変えられるような事があってはいけません。

”あなたの世界” はあなたのものです。

”他人の世界”はその人の世界なのです。

 

そしてあなたが見ている ”全体の世界” は ”あなたの世界” でもあります。

 

”全体の世界”はあなた次第

私のいう ”全体の世界” とは ”私が見て” ”私が感じ” ”私が考え” 答えを出しているものにすぎません。

 

例えば

一人の男性が電車でお年寄りに席を譲っているところを見ました。

 

あなたはその ”全体の世界” をどう感じ・考えますか?

「親切だな」

「勇気があるな」

「周りに目が向けられるいい人だな」

とポジティブに感じ・考えるでしょうか?あるいは…

「いい人ぶりやがって」

「譲る必要ないやろ」

「声出すなや」

このように感じ・考えるでしょうか?

 

このようにあなたが見ている ”全体の世界” はあなた次第で変化します。

世界がどんな状態であれ、それを「どう受け止めるか」はあなた次第だという事です。

 

ということは世界を良いもの、悪いものにするのは ”あなたが決めている” と言えます。

 

世界は簡単に変えられる

あなたが変われば世界なんて簡単に変わる

 

細かくゆうと

あなたが ”見てること” ”聞いたこと” ”感じたこと” をどういう考えにあなたがもっていくかで世界は幸せにもなり、不幸にもなります。

そして ”どう考えるか” は自由です。

 

ツイテない時に

凹むで周りのせいにするのも

チャンスだと考えるのも

あなたの自由なのです。

 

あなただけの世界の感じ方・考え方を変えるだけ…

そうやってあなたは見ている ”全体の世界” を簡単に変えることができます。

 

読者登録ありがとうございます(^ ^)

 

ではでは〜